【横濱ライヴハウス祭2020参加店だより】B.B.STREET 編

2020年5月30日と31日に予定されていた横濱ライヴハウス祭2020の開催は、コロナ禍のため残念ながら順延となりました。

しかし、横浜のライヴハウスはなすすべもなく黙ってこの状況を見過ごしているだけではありません。

横濱ライヴハウス祭実行委員会では、これから毎週の予定で、コロナと闘うライヴハウスの声を、参加店の協力のもとに、発信していきます。

第2回は、実行委員会のB.B.STREETから届いた動画です。

どうもこんにちは! B.B.STREET 店長の杉山歩(すぎやまあゆむ)です。

横濱ライヴハウス祭が、本来は5月の30日と31日の2日間で行なわれる予定だったんですけども、コロナウイルスの影響により、中止(順延)となってしまいました。

横濱ライヴハウス祭は、横浜のロックの箱とジャズの箱、その両方が集まってやるという、いままで類を見ないイベントということで、各店も近さを入れていて、やる予定だったんですけれど、今回は残念です。

B.B.STREETももちろん力を入れて参加する予定だったんですけれど、できなくなってしまったので、年内中にはなんとか実施したいなとは思っています。

B.B.STREETについて説明をさせていただきたいと思います。

B.B.STREETはJR関内駅の北口徒歩1分。地上12階、「天国一番近いライブハウス」と銘打って、1997年9月7日にオープンいたしました。

今年の9月で23周年を迎えることになります。yeah !

で、コロナウイルスの影響で各ライブハウスどこもそうだと思うんですけども、いろいろと芳しくない状況に陥っておりますが、B.B.STREETも例外ではなく、4月と5月は緊急事態宣言が出たのもあって、営業を自粛しておりましたが、6月2日からまた営業を再開いたしました。

乾杯っ!

いままでどおりに営業ができないというのはどこもそうなのでしょうが、B.B.STREETもそうですが、ただなにもしないでいるわけにもいかないので、この4月と5月は、配信ライブでの営業をメインとしていました。

独自のプラットフォームを作って、有料生ライブ配信ができるようにいたしました。yeah !

(この動画の)映像を見ていただいもわかると思うんですけれど、けっこう絵がきれいだと思うんですよね。

この絵のきれいさと、あとはB.B.STREETは音も良い、力を入れておりまして、映像の良さと音の良さを合わせて、理想に近いかたちの配信を現在行なっておりまして、6月はほとんど半分以上、配信で埋まっていて、僕たち現場側もそうなんですけども、2ヵ月間くらいデカい音を聴いてなかったり出していなかったというのがあって、久々にデカい音を聴いて、感動しましたね。

演者さんもスゴく楽しそうで、ライヴをやっててよかったなあと本当に思います。

配信ライブのほかに、少人数ではありますけれどもライヴとかも、少人数で、(コロナ対策でも)マスクの着用をしたり、B.B.STREETは12階なので、いま(この画像で)日が差していることからもわかると思うんですけれど、窓があるので換気もしております。

「来たい!」という方は、連絡をいただいてから来ていただくようになりますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

先ほど、配信ライブに力を入れてるって言ったこともありまして、アーカイブがプラットフォームのほうに残っているんです。

それが購入できるようになっていて、ただ、アーカイブを観るにしても、どんな内容なのかわからないとと思ったので、その日ごとのアーカイブのダイジェスト映像を、「B.B.STREET放送局」というYouTubeチャンネルのほうに公開しておりますので、今回はいいタイミングだと思いますので、そのダイジェスト動画を観ていただきたいと思います。

【出演】
保刈あかね
Yuzuriha
OAKTAILS

2本観ていただいたんですけれど、B.B.STREETは音楽のジャンルとしては、ロック、アコースティック、ヒップホップ、レゲエ、ハートコア、パンク、本当にいろんな方々に出演していただいておりまして、ジャンルレスでやらせていただいております。

今回のコロナウイルスの影響で、いろんなところでクラウドファンディングを立ち上げたと思うんですけども、そのなかでB.B.STREETも横浜のYCS crewやバンドの方々のご協力でクラウドファンディングを立ち上げていただきまして(Save the YOKOHAMA BB Street|https://camp-fire.jp/projects/view/253297)、僕が着ているTシャツもそうなんですけど、こういうものを作っていただいたりとか、Campfireというクラウドファンディングのサイト自体も立ち上げていただいたりと、本当に、予想を超えるすごい大勢の方々に支援していただいて、「愛されているライヴハウスだなぁ」と実感することができて、うれしかったですね。この場を借りまして、「ありがとうございました!」。

BB Streetはジャンルレスということもあって、配信もひとつのジャンルにとらわれず、BB Streetの良さっていうのは、そういうところでいろんな方が観に来てくれるっていうもあると思うんですよね。

そういうことを実感しながら僕もやらせていただいてるんですけど、今後も力を入れて配信していけたらなと思います。

で、もうちょっと、どういう感じの方がやっているのかを観ていただきたいと思います。

引き続き、ダイジェスト映像をご覧ください。

【出演】
リトルキヨシトミニマム!gnk!

こういう感じのクオリティで配信ライヴをやっているんですけれど、理想としては配信ライヴ、プラス、同時にお客さんも入れて、先ほども言ったようにコロナ対策も徹底して、これからも営業に力を入れていきたいなと思います。

乾杯っ!(笑)

改めて、横濱ライヴハウス祭は年内にやりたいなと思っていて、その際には、いまは各店舗そうですけれど、できることをやって、模索しているなかで、いま、現状で残っているライヴハウスはみんなそうだと思うんですけれど、それぞれがちゃんと自分たちができることを探して、努力してきたことがあるから言えると思うんですが、次の横濱ライヴハウス祭の開催が決定したときは、前に決定したときよりも必ず良いものになっていると思うので、僕たちもいまから楽しみにしています。

そのあかつきには、これを観ていただいた皆さんと乾杯できたらいいなと思っています。

かならず、通常営業を再開したいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございます

乾杯っ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA